ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

会社案内

ページの本文です。

会社法第362条第5項に基づく決議事項

(1)業務の適正を確保するための体制等の整備についての決議の内容の概要

① 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

  • 取締役は、取締役及び使用人が実践すべき指針として制定した「NEXCO西日本グループ行動憲章」を踏まえ、率先して当社の社会的責任を全うすべく、適正な職務執行にあたります。
  • 取締役は、法令または定款に違反するおそれのある事実を発見した場合は、直ちに必要な措置を講じるものとし、監査役がこれらの事実に関して助言又は勧告を行った場合は、これを尊重します。
  • 取締役及び使用人が法令及び定款を遵守し、倫理観を持って事業活動を行う企業風土を構築するため、当社の「コンプライアンスハンドブック」を活用し、コンプライアンスの徹底・知識向上を図るため、社内研修の実施により、継続的な啓発を行います。
  • 社内及び社外のコンプライアンス通報・相談窓口の適切な運用に努め、不祥事の早期発見、未然防止を図ります。

② 取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

  • 取締役会及び経営会議の議事録及び資料を含め、職務の執行や意思決定過程に係る情報は、関係法令に基づき適切に保存管理します。

③ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

  • 安全・安心・快適な高速道路の提供を使命とする道路事業者のグループ企業として、事業活動全般の健全性の確保を図るため、当社の経営リスクに対して、ISO9001のリスク管理マニュアルに従い、適切かつ継続的なリスク管理を行います。

④ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

  • 定期及び必要に応じて臨時に取締役会を開催し、重要事項について決定します。取締役会で決議する事項については、社内での意思の疎通、情報の共有化を図り、経営の効率化に資するよう原則として経営会議で事前協議します。

⑤ 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制 その他監査役への報告に関する体制

  • 取締役及び使用人は、当社に重大な影響を及ぼす事項、重要な施策の決定、取締役及び使用人の不祥事、内部監査の実施状況等について、定期または臨時に監査役へ報告を行います。
    さらに取締役及び使用人は、監査役から職務の執行に関する事項の説明または報告を求められた場合、速やかに当該事項について説明または報告を行います。

⑥ その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

  • 重要な業務の執行状況及び経営に必要な社内外の重要事項については、監査役の出席する経営会議に報告します。

(2)業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要

① コンプライアンスに対する取り組みの状況

  • 法令等を遵守し、倫理観を持って事業活動を行う企業風土を構築するため、経営層と幹部社員による個別ヒアリングや経営層と若手社員のミーティングを実施しました。また、各種研修、会議で当社のコンプライアンスハンドブックを活用したコンプライアンス講習(14回)や理解度チェック(3回)など、コンプライアンスの必要性を伝える活動を実施しました。加えて、内部監査の結果を代表取締役社長に報告するとともに、監査結果に基づく必要な提言及び対応状況のフォローアップを行いました。

② 反社会的勢力排除に対する取り組みの状況

  • 下請契約又は資材、原材料の購入契約その他の契約時において反社会的勢力排除に関する誓約書の提出を求めるとともに、反社会的勢力の情報を収集、契約者確認する取り組みを継続的に実施しています。